茶道具 青峰堂

ARTICLE PAGE

1分でわかる茶道入門! その4 ~知っておきたい「茶会・茶席へ入る際のポイント(1)」~

●1分でわかる茶道入門! その4 ~知っておきたい「茶会・茶席へ入る際のポイント(1)」~

1分でサクッとわかる茶道入門!

師匠07
師匠「『お茶会へ行ってみたい!でもどうすればいいの?』という方のために、
   茶席へ入る際のポイントをご説明致します」

◆茶事?大寄せ?
数人の客を招き、懐石・お濃茶など約4時間かけて行うものを「茶事」と呼びます。
この説明では一般の客が参加できる「大寄せの茶会」を取り上げています。

◆服装
正式には着物です。
しかし場合によっては洋服でも大丈夫。
その際にはスーツ・ジャケット・ワンピースなど、シックでシンプルなものが無難です。

◆持ち物

●最低限必要なもの
白い足袋or白いソックス・懐紙(かいし)・菓子切
※市民向けの「大寄せの茶会」なら懐紙や菓子切(黒文字)が付いてくることもありますが、なるべく自分専用のものを用意するといいですね。

●よくお茶会へ行くなら持っておきたい
扇子・帛紗(ふくさ)・数寄屋袋

●あると便利なもの
ハンカチ・ティッシュ・濡れ小茶巾(お濃茶を飲む際などに必要)・小茶巾入れ・風呂敷(荷物を包むのに便利)
などなど…

◆茶席の流れ
受付→席入り→点前→お茶を頂く→拝見→退席

のんこ05のんこ「のんこも分かった気がするのん!」


●必要な道具や消耗品は青峰堂で一式揃えられます。
茶席で必要なもの
関連記事

Comments 0

Leave a reply