茶道具 青峰堂

ARTICLE PAGE

【6月開催】初夏の茶の湯灰研究会、決定!

2012年度・初夏の茶の湯灰研究会の詳細が決定致しました!

モチロン、県外からのお申し込みも大歓迎!
今まで灰道具の“六方式シリーズ”を使っていた方もそうでない方も、美しい灰作り&灰型造りのコツを丁寧にレクチャーさせて頂きます。

持ち物で足りないものがございましたら、当日店頭で灰研究会特別価格にてお求め頂けます。

●風炉灰を作る基礎講座

・「よい灰とは?」の講義。
・炉で使った灰を水で漉して実際に灰を作っていきます。
・実際に“六方式シリーズ”の灰篩の使い方をレクチャー。

日時/6/14(木) 各10:00~15:00
会費/3000円(昼食付き)
持ち物/灰(※なくてもOK)、ゴム手袋、灰保存容器、灰篩、エプロン、汚れてもいい服装

※灰をお持ちにならなくとも参加頂けます。講義を聴くだけでも大歓迎!

img002.jpg img003.jpg
img004.jpg img005.jpg

img006_20090414152030.jpg
▲基礎コース参加でこのような灰が出来上がります。

●灰型を造る中級講座

・実際に“六方式シリーズ”を使って灰匙の使い方を指導
・基本の手順を丁寧に
・「奉書っていつ敷くの?」「底瓦って朝鮮風炉に入れるの?」「五徳の正しい高さって?」

日時/6/20(水)・21(木) 各10:00~15:00
会費/7000円(昼食付き)
持ち物/ご自分の灰(※必須)、風炉、灰匙、五徳、前瓦、エプロン、汚れてもいい服装

CIMG2620.jpg
▲少人数制なので、ゆったりと受講できます。
 自分の風炉と灰匙を使って実際に灰型を作ってみましょう(お持ちでない道具はこちらで準備致します)。

CIMG2671.jpg
▲電子顕微鏡での調査結果を元に詳しく解説。

CIMG2692.jpg
▲講師が1人ひとりに直接指導。日頃の疑問や苦労している点も遠慮無くご相談ください。

CIMG2702.jpg
▲正しい五徳の据え方、釜の置き方も確認しましょう。

社長【講師】佐藤 剛
各家元の方々に認められ、昭和48年より仙台を拠点に全国各地で灰型の指導を行う。
その豊富な話題と軽妙なトークには定評があり、
全国での受講者は延べ15万人を超える。

【会場&申し込み】
青峰堂=☎022(245)5387

電話受付時間/9:00~19:00
メール:seihoudou@tkcnet.ne.jp
〒982-0805 仙台市太白区鈎取本町1-17-20

地図&アクセス方法はコチラ

車でお越し頂けない方は、事前に持物を預かりに伺います。
もしくは宅配便でお送りください。


あなたも美しい灰型を造りませんか!

CIMG2041.jpg CIMG2044.jpg
CIMG2048.jpg


ちなみに、過去の灰研究会の様子はコチラ↓
http://seihoudou.blog35.fc2.com/blog-category-14.html

そもそも「お茶の灰って?」という方はコチラをどうぞ↓
http://seihoudou.blog35.fc2.com/blog-entry-100.html
関連記事

Comments 0

Leave a reply