茶道具 青峰堂

ARTICLE PAGE

今年もお雛様を飾りました

桃の節句に向けて、今年も店内にお雛様(立ち雛)を飾りました♪


CIMG3737.jpg
CIMG3738.jpg
(※ディスプレイなので商品ではありません)


赤ちゃんが生まれて、初めて迎える節句を「初節句」と言います。
ちょうど桃の花が咲く時季でもあり、お節句を祝うのにふさわしいことから、今では「桃の節句」という名で親しまれていますよね。

さて、本日は「桃」の字が入った軸の言葉をご紹介。

桃花千歳春(とうかせんざいのはる)」

崑崙山(こんろんざん)に住む「西王母(せいおうぼ)」という仙女が持っている桃の実を食べると、3000年の長寿を得られる…。
そんな伝説から、桃は昔から「長寿」と「魔除け」を意味してきました。
おめでたい桃の花が、千年変わらず春を彩り、無心に咲いている。
吉祥を祝う軸の言葉です。

「最近お雛様を飾ってないわ…」という方もこの機会に出してみてはいかがですか?


青峰堂へお立ち寄りの際には是非お雛様もご覧くださいませ。
2月中の火・水は無料抹茶コーナーも開催しておりますのでお気軽にどうぞ!
関連記事

Comments 0

Leave a reply