茶道具 青峰堂

ARTICLE PAGE

本日の茶の湯小話 その5 「節分と立春」

のんこ05
のんこ「昨日の豆まき楽しかったのん!思わず落花生全部食べちゃったのん!
    でも何で豆を蒔くのん?」


師匠04
師匠「豆は『魔滅(まめ)』に通じ、鬼に豆をぶつけることにより邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味があるそうですよ(ちょっとダジャレっぽいですが)」


そして本日は立春です。
「立春」とは、二十四節気(にじゅうしせっき)の区切りの一つで、春の気が初めて立つ日です。

「正月」としても捉えられるため、前日の節分には一年の厄を払うために「豆まき」を行います(昨日も色々な場所で節分祭を行っていましたよね)。

この頃の茶道具としては、「節分」をテーマにしたものや、春の始まりを祝うものを使うと楽しいかもしれません。

また、立春の早朝、禅寺では厄除けのため、門に「立春大吉」と書いた紙を貼る習慣があるそう。

この文字は、縦書きすると左右対称(!)になり一年間災難に遭わないというおまじないだそうです。
試しにやってみてはどうでしょうか?

立春大吉
関連記事

Comments 0

Leave a reply