茶道具 青峰堂

ARTICLE PAGE

茶の湯に関する本 その4『サライ 利休を訪ねる』

このコーナーでは、初心者でも入りやすい「茶の湯に関する本」をご紹介していきます。
既にお稽古をしている方も、全く触れたことがない方も、茶の湯がよりいっそう身近に感じられるはず。

今回は、小学館刊の「サライ 2011年 02月号」をご紹介。
茶の湯文化に興味のある方にとって入門編になると思います。

B004GUXVWEサライ 2011年 02月号 [雑誌]
小学館 2011-01-08

by G-Tools


●大特集 茶の湯入門
 「侘び」と「寂び」ーそして日常茶飯の芸術を求めて
 利休を訪ねる

■「利休」3大特集
(1)堺、京都、博多…茶人ゆかりの地を案内
   千利休を歩く
(2)墨蹟、釜、茶入…茶人ゆかりの道具に触れる
   美術館で出逢う利休
(3)直木賞『利休にたずねよ』の山本兼一さんと体験
   茶事で知る利休の心

『サライ』2月号は日本一の茶人と称された“千利休”を大特集しています。巻頭対談では、熊倉功夫さん(歴史学者)と筒井紘一さん(京都造形芸術大学教授)が、「佗び」の大成者である利休の足跡と魅力について語ります。

◆WEBサライ
http://www.webserai.jp/
関連記事

Comments 0

Leave a reply