茶道具 青峰堂

ARTICLE PAGE

わかる★ ねこ師匠の 茶の湯質問コーナー vol.3【何で国産の茶道具が良いのん?】

わかる★ ねこ師匠の 茶の湯質問コーナー vol.3
~何で国産の茶道具が良いのん?~

のんこ03
のんこ「何でなるべく国産の茶道具が良いのん? 海外製のほうが安いのに…」


師匠02
師匠「この間お話した『茶道具とホスピタリティー』」を思い出してごらん。
まず『良いものは長持ち』『それなりのものはそれなり』です。例えば茶筅の場合…」


●原料が違う
茶筅は、竹の素材を生かした製品。
海外製の茶筅は、もちろんのこと、海外の竹を使って作ってあります。
海外の茶筅を日本で使う場合、風土の違いにより、割れたり、カビが発生しやすいのです。

●製造方法が違う
国産の茶筅は、職人が1本ずつ、小刀でそぐように茶筅の穂先を薄くしていきます。
しかし、海外ではその工程をやすりで行います。
やすりで削るほうが簡単で早くできますが、穂先の表面に細かい傷が残るため、折れやすくなるのです。

●安全性が違う
海外製の茶筅には、防腐剤や防カビ剤などが使用されていることがあります。
日本では、冬に収穫した竹を長い間乾燥させてから作るため、薬は使用しません。
海外の安価な製品の場合、そういった有害物質を使っているケースも多いそうです。

◆こだわりの茶筅 尾張の女性茶筅師:悠揚(ゆうよう)作
CIMG1559.jpg
尾張の茶筅師:悠揚(ゆうよう)作(2,600円)
 点てやすさ、耐久性、美しさを追求したこだわりの茶筌。
 しなやかで折れにくく、細い穂先が理想的な泡立ちを作ります。
 初めての方でも点てやすく、丈夫で長持ち。
 大切に扱えば3〜5年はもちますよ!

お茶処と言われる尾張地方(愛知県)は、お茶の生産量・消費量ともに多く、日常生活の中でお茶を飲む習慣があります。
毎日使われている茶道具として茶筅は、点てやすさ・耐久性・美しさを長年追求してきました。
悠揚の茶筅は、しなやかで折れにくく細い穂先が理想的な泡立ちを作ります。
特にしなやかさは、肩の力を抜き疲れません。

茶筅(数穂)01

茶筅(数穂)02

茶筅(数穂)03
関連記事

Comments 0

Leave a reply