茶道具 青峰堂

ARTICLE PAGE

晩夏の灰研究会 参加者募集中!

DSCN2935.jpg
▲講師作の灰型(遠山灰ひとつ山)。あなたも美しい灰型作りを研究してみませんか?


先日、東京での灰研究会を告知しましたが、8月下旬には青峰堂での灰研究会が決定しました!

「灰研究会に興味がある」
「実際に良い灰を作ってみたい」
六方式灰匙を使っての灰型造りを学びたい」


そんな方はこの機会に是非ご参加くださいませ。
初心者にも丁寧に指導させて頂きます。

●夏の灰研究会 in 仙台

■風炉灰研究会~灰型を造る~(中級)

 ・実際に灰匙の使い方を指導
 ・基本の手順を丁寧に
 ・「奉書っていつ敷くの?」「底瓦って朝鮮風炉に入れるの?」「五徳の正しい高さって?」

日時/8月30日(月)・31日(火)(※定員に達しました)・9月2日(木)
   10:00~ 15:00
会費/7000円(昼食付き)
持ち物/灰、風炉、灰匙、五徳、前瓦、エプロン

【会場&申し込み】
青峰堂=☎022(245)5387

電話受付時間/9:00~19:00
メール:seihoudou@tkcnet.ne.jp
〒982-0805 仙台市太白区鈎取本町1-17-20

※申し込み〆切は8/27(金)です。


車でお越し頂けない方は、事前に持物を預かりに伺います。
もしくは宅配便でお送りください。

~講義の様子~

DSCN0508.jpg
▲基礎コースは見学だけでも大丈夫

img002.jpg
▲「よい灰とは?」の講義

img003.jpg
▲炉で使った灰を…

img004.jpg
▲水で漉して…

img005.jpg
▲作っていく…

img006_20090414152030.jpg
▲基礎コース参加でこのような灰が出来上がります

img008_20090414152044.jpg
▲自分の作った灰を、南鐐の灰匙で撫でた時の幸福感…

img009_20090414152056.jpg
▲よい灰は撫でただけで綺麗に素早く出来上がる

img010_20090414152104.jpg
▲風炉に灰を入れて実際に灰型を作ってみる

この後の行程は実際に講義を受けてお確かめください。
関連記事