茶道具 青峰堂

ARTICLE PAGE

【茶の湯灰研究会】秋の灰研究会のお知らせ@青峰堂

2012年秋の灰研究会のお知らせ


いずれも茶の湯に関する教養講座を交え、日頃の疑問・質問にお答えしながら実技を行います。


【電話でお申し込みください】
青峰堂=022(245)5387

◆灰を作る基礎講座 ※見学のみOK

・炉で使った灰を水で漉して、実際に灰を作ります。
・実際に“六方式シリーズ”の灰篩の使い方を指導。

■日時/【9月】11(火)・19(水)各10:00~15:00
■会費/3000円(昼食付き)
■持ち物/灰(※なくてもOK)、ゴム手袋、灰保存容器、灰篩、エプロン、汚れてもいい服装

【必要な道具】

六方式灰篩(中目&細目)


◆灰型を造る中級講座

・六方式灰匙の使い方・基本の手順を丁寧に指導。
 自分の風炉と灰で実際に灰型を作ってみましょう!
・「奉書っていつ敷くの?」「五徳の正しい高さって?」

■日時/【9月】7(金)・12(水)・20(木)
    【10月】9(火)・10(水) 各10:00~15:00
■会費/7000円(昼食付き)
■持ち物/ご自分の灰(※必須)、風炉、灰匙、五徳、前瓦、エプロン、汚れてもいい服装

【必要な道具】

六方式灰匙(銅)


◆炉灰研究講座 ※見学のみOK

・濡灰の作り方、灰の手入れなどをレクチャー。
・炉灰と風炉灰の違い、炉壇の中の灰、五徳の据え方etc.

■日時/【10月】22(月)・23(火)・29(月)各10:00~15:00
■会費/3000円(昼食付き)
■持ち物/濡灰を作る灰、ゴム手袋、灰保存容器、荒目の篩、エプロン、汚れてもいい服装

【必要な道具】

六方式灰篩(荒目)

~講義の様子~

DSCN0508.jpg
▲基礎コースは見学だけでも大丈夫

img002.jpg
▲「よい灰とは?」の講義

img003.jpg
▲炉で使った灰を…

img004.jpg
▲水で漉して…

img005.jpg
▲作っていく…

img006_20090414152030.jpg
▲基礎コース参加でこのような灰が出来上がります

img008_20090414152044.jpg
▲自分の作った灰を、南鐐の灰匙で撫でた時の幸福感…

img009_20090414152056.jpg
▲よい灰は撫でただけで綺麗に素早く出来上がる

img010_20090414152104.jpg
▲風炉に灰を入れて実際に灰型を作ってみる

この後の行程は実際に講義を受けてお確かめください。
関連記事

Comments 0

Leave a reply